History

  1. Top > 
  2. History

History ジッポーブランドの歩み

ZIPPO History

ZIPPO社 創業者 ジョージ・G・ブレイズデル

年表はこちらから(PDF)


ジッポーが生まれたのは、アメリカ全体が苦しみ、もがいている時期だった。1929年のニューヨークでの株式市場の異常に端を発した世界大恐慌のあおりを受け、空前の大不景気。こうした状況の中、1932年に美しい森に囲まれたペンシルバニア州ブラッドフォードの町でジッポーは産声をあげた。

開発者の名前はジョージ・グランド・ブレイズデル。パーティー会場で友人がオーストリア製の扱いづらいオイルライターを使っているのを見たのがきっかけだった。ブレイズデルのひやかしに、友人が「It Works(火がつけばいいんだ)」と返した。その言葉に、ブレイズデルは強い衝撃を受ける。そして「安いうえに性能がよく、丈夫で長持ちするライターは商売になる」と考え、すぐさまライター会社の独占販売権を獲得する。

しかし、彼はこのライターに物足りなさを感じ、得意にしていた製造技術を活かして、新しいライター作りに取りかかりはじめた。設備の整わない自動車工場での製作だったが、情熱を注ぎこみ日夜ライター作りに励んだ。こうして、角張った長方形のスタイル、そして片手で着火が可能なライターが完成した。そのライターの名は「ジッポー」。同じペンシルバニア州で発明された「ジッパー」の音の響きを気に入っていたため、これをもじったのだ。ブレイズデルは会心の出来栄えに「自分が生きている間、このライターは変わらないだろう」と力強く断言した。


また、販売と同時に画期的なサービスをスタートさせた。それは”永久保証”。たとえ、ひどく壊れていても1セントもとることなく”無料”で修理を行うことだ。しかも、返送料も負担する。これは製品に対する絶対の自信に裏打ちされたサービスであり、使い捨てられることなくいつまでも利用してもらおうという、彼の技術者としての姿勢を反映している制度だ。